合理的・構造的アプローチで企業人事を進化させる
コンサルティングファーム

コラム

一覧へ
  • 百本ノック

    成果・業績を重視した人事制度へ改定を行う企業が多くある。新たに人事制度を改定する企業では、制度の基本的なコンセプトの中に、“成果・業績の重視”、“貢献した社員により多くの配分”といった成果・業績・実力を重視した文言が圧倒的に多い。そのためには…

    執筆者: 林 明文

    続きを読む
  • あなたは、ボーナスを受け取る資格があるか

    今の時期、ボーナスが支給される。社員らは一喜一憂するが、いざ手にすると不満が出るものだ。「なぜ、この額なのだろう」「どうして、もっと増えないのだろうか」…。私も会社員の頃…

    執筆者: 吉田 典史

    続きを読む
  • 人事評価の脱構築

    「人事評価制度」という言葉には若干の違和感がある。何をやるにしても、まず現状を「評価」して課題を明らかにして「実行」するのであるから、本来「評価」という言葉は…

    執筆者: 南雲 道朋

    続きを読む

セミナーseminar

news

執筆掲載

月刊人事マネジメント 2016年8月5日号
『シニア人材を積極的に活用する方法<1>』 ~シニア人材の活用はどこが問題なのか~

執筆掲載

月刊人事マネジメント 2016年7月5日号
『職務型人事への移行法』~制度モデルの提案と現実的転換の進め方~

執筆掲載

賃金事情 5月5日号
『雇用ポートフォリオから読み解く「合理的」人事マネジメント』

topics

  • 書籍
  • 組織・人事関連用語集
  • 講座
  • 対談
  • 研修講師募集
  • 組織・人事関連情報リンク集