合理的・構造的アプローチで企業人事を進化させる
コンサルティングファーム

サービス|雇用施策
Service

経営計画と合致した、適正な人員構成や人件費の実現を支援

適正な人員数を把握しないまま、現場の声に合わせて人員を大幅に増強したり、目先のコスト削減を目的に安易に人員を削減してしまうと、その後、企業の成長力を低下させてしまったり、中長期的な企業経営を大きく圧迫することになりかねません。場合によっては、企業の存続すら危ぶまれる、大変なリスク要因にすらなり得ます。
トランストラクチャでは、貴社が環境の変化に適応し、新たな組織へと成長するための、組織と人事構造の変革を支援します。

特徴

経営環境が急速に変化する中で、貴社がその環境に適応し、新たな組織へと成長するための、組織と人事構造の変革を支援します。

雇用施策の各サービス

急激な経営環境の変化に対応するには、強靱で柔軟な組織体制の構築が求められます。そのためには、人員削減による構造上の課題の解決と、人事制度の見直しによる人件費の抑制という難しい課題を、同時に実現しなければなりません。トランストラクチャには、雇用施策のためのサービスが充実しています。

資料請求はこちらへ

適正人員や人件費をコントロールし、経営環境の変化に対応するには?雇用施策のヒントがあります。

お問い合わせはこちらへ

安易な人員削減は、企業の成長力の低下に繋がりかねません。複雑で難しい人事の課題は、人事のプロフェッショナル集団であるトランストラクチャにぜひご相談ください。

人事の相談室

経営環境の変化から事業を見直すことになりました。対象事業で余剰人員が発生するため、雇用調整施策を検討していますが、どのように進めたらよいでしょうか?

解決方法

経営環境の変化に合わせて、戦略や事業の見直し、組織改編や財務体質の見直し、M&Aなど複合的な要素から短期的に雇用調整施策を実施しなければならない企業も少なくありません。
しかし、短期的な収益改善のみを急ぐあまり、企業再生の活力を削ぐような雇用施策を行うのは後に大きな問題を残すことになり、雇用施策実施後の成長性の低下を招きかねません。余剰人員は様々な原因が重なって複合的に発生するケースが多く、人事制度上の問題点なども考慮した上で、余剰の範囲を特定しなければなりません。企業を取り巻く経営環境や独自のビジネスモデルを十分に理解した上で、より効果的な雇用調整施策を選定・実行する必要があります。また、新たな経営目標・計画に基づく新組織機構の設計、必要な人材の定義、経営計画達成のための組織・人事制度の構築も必要になるでしょう。

ポイント

  • 経営方針の明確化
  • 人件費、人員数・人員構成の正確な分析と将来予測
  • 余剰人員の発生する原因と余剰範囲の特定
  • 人事制度の見直しも視野にいれた雇用調整施策の検討

解決可能なサービス

経営者の予測を超えた経営環境の変化に対して、組織・人事体制が適切に対応しなければ企業の成長に急ブレーキがかかり、場合によっては存続が危ぶまれる、大変なリスク要因となります。トランストラクチャでは、環境に適応した新たな企業への変革を遂げるための組織・人事構造の変革の支援を行っております。

人事アナリシスレポート®

企業の組織や人事に関するデータを定量的・合理的に分析して、現在の問題を明確にし、今後の組織や人事基盤整備に必要な施策を提示する診断サービスです。

適正人員・人件費算定

経営のビジョンや計画を達成するために、適切な人員数「どのような能力を持った人材が何人必要であるか」と人件費「人材の確保のためにはいくらの人件費が必要であるか」を正しく把握いたします。

雇用調整施策・支援

経営計画の達成に向け、企業の活力を損なわない雇用調整を支援します。長期的視点での経営ビジョンの達成を勘案しつつ、短期的視点での現在の経済環境に対応した経営計画を実現するために、スムーズかつスピーディな雇用施策の計画/実行を支援いたします。

資料請求はこちらへ

適正人員や人件費をコントロールし、経営環境の変化に対応するには?雇用施策のヒントがあります。

お問い合わせはこちらへ

安易な人員削減は、企業の成長力の低下に繋がりかねません。複雑で難しい人事の課題は、人事のプロフェッショナル集団であるトランストラクチャにぜひご相談ください。

組織と人事のお役立ちコンテンツ

TOPICS