TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > 計数センス向上トレーニング(基礎編)

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

計数センス向上トレーニング(基礎編)

  • 主な受講対象者(標準人数)

    新入社員~初級管理職(20~25人)

  • 実施時間

    8.0時間

研修目的

数字が読める社員であることはビジネスマンの基本であるとさえ言われるようになりました。またビジネスの様々な側面において定量的なアプローチが要求される機会は以前より各段に増えていきます。数字を読む力や会計知識は、一度身につくと業務に必要な経済・経営ニュースを理解し、顧客・競合企業の実力を分析するうえで有用なものになります。また、管理職にとって、数字を読む力は的確な部門管理を行うために必要なスキルでもあります。
本研修では、財務会計の基礎知識として財務諸表を読む知識や財務分析の手法を身に付け、自社の財務諸表を用いて実践を行うことにより、計数に基づく実践的判断力を養います。

研修概要

財務基礎知識と経営分析手法を理解し、基本的な経営分析が実践できるようにします。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

ビジネスにおける財務知識の必要性と活用の際の留意点を理解させる
意思決定の場面において財務情報を正確に捉え、活用することは必要不可欠なことです。まずはじめに財務知識の必要性を理解し、そのうえで財務情報の正確な把握と活用における留意点を学習します。
  • □ 財務分析の必要性
  • □ 財務分析の留意点
貸借対照表及び損益計算書の読み方を理解させる
財務情報を正確に把握する第一歩として、貸借対照表ならびに損益計算書の仕組みと指標の意味を学習します。
  • □ 財務諸表とは何か
  • □ 貸借対照表の仕組みと読み方
  • ■ 実際に貸借対照表を読む
  • □ 損益計算書の仕組みと読み方
  • ■ 実際に損益計算書を読む
経営分析のために必要な分析指標とその算出方法を理解させる
次に、財務情報を活用できるようになるために、貸借対照表及び損益計算書から財政状態及び経営成績を読み取ること、すなわち経営分析の手法(分析指標の算出手法)を学習します。
  • □ 経営分析の手法とは何か
  • □ 経営分析の視点
  • □ 代表的な分析指標
  • ■ 実際に分析指標を算出する
自社と競合の財務データを用いた演習を実施し、実践的な経営分析を体感させる。
実際に財務情報を正確に捉え、活用する演習を行うことで、学習内容を確認し理解を促します。演習にて、自社及び競合企業の財政状態及び経営成績を分析し、自社を取り巻く経営環境を把握を行います。
  • ■ 経営分析総合演習
  •  (実際に自社・競合企業の財務諸表を用いた経営分析演習)
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ