人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

面談者トレーニング

  • 主な受講対象者(標準人数)

    管理職者(20~25人)

  • 実施時間

    3.0時間

研修目的

希望退職の成否は、面談の成否によって決まると言っても過言ではありません。本研修では、法的リスクを回避しつつ、施策目的を達成するために求められる面談者の心構えや話し方を習得し、的確なコミュニケーションが行えるようになることを目的とします。

研修概要

希望退職・退職勧奨施策における面談者に対して、的確なコミュニケーションの原理原則を理解し、リスクなく目標達成できるスキルを習得します。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

そもそも希望退職とは何か、ならびに今回の施策概要を理解する
希望退職(退職勧奨)は違法行為ではないこと、ならびに今回の施策目的や、実施の意味を理解します。
  • □ 雇用関係を解消する各施策の違い
  • □ 施策概要
  • □ 希望退職成功判断の基準
施策を成功させるための、効果的な面談方法を理解する
施策を成功するための面談の原則は、被面談者に対して、事実を正確に伝え、被面談者個々人の意思決定を促進することです。本単元では、対象者区分に応じたコミュニケーションの方法を学習します。
  • □ 面談の心構え
  • □ 想定される面談内容
  • □ 面談の実施要領
  • □ 面談対象者のグループ
  • □ 面談の進め方
  • □ グループ別の話し方
退職勧奨と退職強要の違いを理解し、違法な面談を行わないようにする
本人の自由意思により退職を選択させる退職勧奨は違法行為ではありません。しかし、行きすぎた勧奨は退職強要と判断され、違法行為とみなされることがあります。勧奨と強要の違いを理解し、違法な退職強要を行わないように留意する必要があります。
  • □ 退職勧奨と退職強要の違い
  • □ 判例にみる違法な退職強要
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ