TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > 業務指示/OJTトレーニング

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

業務指示/OJTトレーニング

  • 主な受講対象者(標準人数)

    初級管理職者(20~25人)

  • 実施時間

    8.0時間

研修目的

現場での実践を前提としたOJTは、企業における人材育成の主要方法でありながら、その手法は明確でなく属人的な運用になっていることが少なくありません。この研修では、マネジメント層が業務指示をとおして、適切な部下育成(OJT)が出来るようになることを目的としています。個々の部下接点での業務指示場面を想定し、「ティーチング」や「コーチング」のエッセンスを盛り込んだ実践的な部下育成を学習します。

研修概要

業務指示の意義と業務指示の体系的理解を理解した上で、業務指示の実践(ロールプレイ演習)をくり返し、体感修得を促進します。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

業務指示の重要性と手順を理解する
実際に自身の業務指示上の問題点を洗い出し、部下接点でのコミュニケーション上の課題を認識します。また、適切な業務指示の全体像について理解を深めます。
  • ■ 実際に業務指示を出す(自身の業務指示上の課題を洗い出す)
  • □ 上司・部下間のコミュニケーション上の問題点
  • □ 業務指示とは(定義)
  • □ 業務指示のステップ
  • □ 人材育成上のポイント
業務指示を体系的に理解する
業務指示の手順に合わせ、それぞれのステップでの適切な部下への関わり方を学習します。網羅的に部下接点での関わり方を学習することで、適切な指導を行うことができるようになります。
  • ■ 業務指示の準備
  •  (部下の個性の把握・目的・目標・手段の明確化・指示レベルの決定)
  • ■ 業務の指示(動機づけを踏まえたコミュニケーション)
  • □ 業務指示の確認(報告・連絡・相談の適切なコントロール)
  • □ 業務のフィードバック(フィードバックの重要性とポイント)
業務指示を実践する
貴社の業務内容に合わせたケースを用いて、実際に業務指示をロールプレイで学習します。
  • ■ 実際に業務指示を行う(ロールプレイ)
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ