TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > 目標設定トレーニング

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

目標設定トレーニング

  • 主な受講対象者(標準人数)

    管理職層(20~25人)

  • 実施時間

    4.0時間

研修目的

MBO(目標管理制度)を有効に機能させるために、本トレーニングでは、全社目標に連動した適切な部門目標及び個人目標を設定するスキルを向上することを目的としています。全社と部門の間、部門と個人の間で経営計画に連動した適切な目標設定ができるよう実践的な設定でトレーニングを行い、MBOの効果をより確実なものにします。

研修概要

現在のMBOの実施状況とその効果を振返った上で、今後の部門目標の展開の検討と個人目標の設定を行います。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

MBOの実施状況と効果
実際の目標達成の状況と全社業績とを比較検討し、MBOが適切に行われているかどうかを分析します。また、自社目標管理制度の目的と仕組みについて再確認を行います。
  • □ 個人目標達成度と全社業績との比較(MBOの実施状況把握)
  • □ 目標管理シートのチェック事項(MBOの制度理解)
  • □ 全社→部門→個人の目標展開の原則(MBOの制度理解)
部門目標の確認と施策へ展開する
部門ごとにグループ編成をし、部門の実際の目標を確認します。その後メンバー間で話し合いながら定性・定量の目標を具体的な施策に展開していきます。目標展開の結果とプロセスを部門ごとに発表し講評します。
  • ■ 部門ごとの目標確認
  • ■ 目標展開フォーマットを用いて目標を施策に展開
  • ■ 発表
個人目標の設定を行う
実際の部下を選び出し、個人目標を設定するトレーニングを行います。「部門目標の展開」で展開した施策を個人目標に落とし込みます。設定した個人内容については、数名のグループに分かれて発表を行い、適切な目標であるかどうかをお互いに検証します。
  • ■ 部下の個人目標設定時の留意点
  • ■ 数人の部下を選び個人目標を設定する
  • ■ 発表
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ