TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > リーダーシップトレーニング(巻き込み力)

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

リーダーシップトレーニング(巻き込み力)

  • 主な受講対象者(標準人数)

    中堅社員(20~25人)

  • 実施時間

    7.5時間

研修目的

本研修では、目先の業務に捉われ日常業務に埋没しがちな実務の中心を担う中堅社員に、自己の職場リーダーとしての役割を再確認してもらいます。そのうえで、管理職の右腕として、主体的に発信し周囲に働きかけることで自組織のメンバーのコミットメントを引き出し、自組織の力を最大限高められるようになることを目的としています。

研修概要

管理職手前の中堅社員を現場リーダーとしてチームをリードできるようにするために、周囲を巻き込み動かしていくスキルを習得します。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

リーダーに求められる役割を理解する
プレーヤーと職場リーダーの違いを確認し、自身に求められている役割を再確認します。
  • ■ 理想の職場と現状のGAPを考える
  • □ 職場リーダー求められる役割とは
  • □ プレーヤーと職場リーダーの違いとは
  • □ ポジションパワーとパーソナルパワーの違いとは
マネジメント視点を理解し、上司の巻き込み方を検討する
職場リーダーとして、上司の視点からマネジメント視点で上司の求めるものを先読みし、サポートする手法を学びます。
  • ■ 上司の立場で考える「信頼できる部下」とは
  • □ 上司が信頼できる部下とは
  • □ 上司と関係構築するには
  • ■ 上司の巻き込み方を具体的に検討する
コミュニケーションを軸に部下・後輩の巻込み方を検討する
職場リーダーとして、部下・後輩を巻き込む方法を習得します。一方的なコミュニケーションではなく、相手を理解し、双方向でコミュニケーションを取りながら、部下・後輩の主体性を引き出すスキルを習得します。
  • ■ 周囲やメンバーを成長させ、協力を引き出す業務主任とは
  • □ 相手を理解するポイント
  • □ 適切に業務を指示するには
  • □ ミスのない、確実な進捗方法とは
  • ■ 行動施策を立案する
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ