TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > 人事部門スキル向上トレーニング

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

人事部門スキル向上トレーニング

  • 主な受講対象者(標準人数)

    新任人事部門社員(10人)

  • 実施時間

    5.5時間

研修目的

人事部門は、経営資源の一つであるヒト(従業員)を効果的・効率的に管理し、かつその成長を促進することにより、経営計画実現に貢献することが求められます。人事部門に求められる業務知識は採用、配置、処遇、評価等多岐にわたります。人事部門の社員はこれらの知識を基礎としてその役割を担わなければならず、かつ、新たな課題に対処する必要にも迫られています。本研修は、新任人事部員ならびに知識に偏りのある人事部員に対して総合的に人事領域に関する知識習得を促すことにより、人事部門の専門レベル向上を図ります。

研修概要

人事部門の機能や役割を包括的に理解することにより、人事担当者として必要な知識を習得します。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

人事部の役割、会社における人事部の機能を理解する
人事部は会社の経営資源のうち「ヒト」に関する部分を管掌しています。
  • □ 人事部の位置づけ
  • □ 人事機能の外観
  • □ 人事部の1年
人事部が果たす主要な機能8つを理解する
人事部の機能は、人事の方針や計画を実現するために、人事制度や教育体系、就業規則等を整備し、円滑に運用することが求められます。
  • □ 採用・退社
  • □ キャリアパス
  • □ 人材開発
  • □ 評価
  • □ 処遇(賃金・退職金・福利厚生)
  • □ 配置
  • □ 人材開発
  • □ 労務管理(就業規則・時間管理)
  • □ 人事コスト管理(総額人件費管理)
労働法の外観と法改正をはじめとした労働法にまつわるトレンドを理解する
一般に労働法と言われるものは労働関係法規の総称をいいます。これらを包括的に理解・遵守し、法改正に対応することが求められます。
  • □ 労働法
  •  (概観、各法令のポイント、トレンド)
現在人事部内で検討が進められている事項を理解する
価値観や働き方の多様化の進行に対応するために、人事部門が新たに取り組むべき課題があります。
  • □ さまざまな報酬の形
  • □ ワークライフバランス
  • □ ダイバーシティ
  • □ テレワーク(在宅勤務)
  • □ メンタルヘルス
  • □ ハラスメント
  • □ 高齢者雇用
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ