TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > キャリアデザイントレーニング(ミドル向け)

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

キャリアデザイントレーニング(ミドル向け)

  • 主な受講対象者(標準人数)

    中堅社員~初級管理職(20~25人)

  • 実施時間

    14.0時間

研修目的

先の見えないビジネス環境、多様化する雇用形態、ダイバーシティの進展等、環境が複雑化するなかで、自分で自分の将来を考える必要性は増しています。ともすれば会社にコントロールされているように思いがちな自身のキャリアを主体的に考え、戦略的に開発していくことは、会社にとって必要な人材を確保するためにも重要な要素です。この研修では、会社の事業環境を理解した上で、自身のキャリアの振り返りと今後のキャリアを検討します。

研修概要

会社からの要請と、ライフプラン(マネープラン)からの要請から将来のキャリア目標を設定。現状の「強み」と「弱み」を棚卸ししたうえで、キャリア目標を達成するための行動と能力開発のアクションプランを作成します。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

【1日目】
キャリアデザインが求められる背景を考える
キャリアデザインが何故必要かを理解した上で、キャリアデザインの具体的な手法を知ります。
  • □ キャリアデザインが求められる背景
  • □ キャリア/キャリアデザイン
  • □ キャリアデザインの方法
将来の目的を確認する
まずはWANTSの視点で、自分が何をやりたいかを考えます。
  • ■ なりたい自分像を考察する(事前課題「未来日記」を振り返る)
  • ■ 仕事の価値観を考察する
  • ■ 価値観の考察 キャリアアンカー
  • ■ 10年後どのようなキャリアを歩みたいかの考察をする
会社からどのような期待があるかを確認する
MUSTの視点で、会社から何が期待されているかを知ります。
  • ■ 役員講話を聴いて、会社からの期待を自分の言葉で整理する
今後必要となるマネーの視点から自身のキャリアを考える
MUST(生活のMUST)の視点で、将来必要となってくるマネーの視点から自身の将来を考えます。
  • □ ライフプランとは
  • ■ ライフイベント表を作成する
  • □ ライフプランの立て方
  • ■ 将来の給与・退職金を計算する(シミュレーションツール使用)
  • ■ キャッシュフロー表の作成
  • ■ 10年後のマネープランを考察する
【2日目】
現場で発揮するリーダーシップ行動を決定する
MUSTの視点で、直近で求められる管理職としてのリーダーシップについて考えます。
  • ■ リーダーシップを発揮している人をイメージする
  • □ リーダーシップ理論
  • ■ リーダーに求められる特性とは
  • ■ 自身のリーダーシップスタイルを確認する
  • ■ リーダーシップの重要性を自分の言葉で整理する
現状の自身の強みと課題をコンピテンシーと360度診断を元に分析する
CANの視点で自分が何ができるか、できないかを確認します。
  • ■ 成功体験・失敗体験のコンピテンシー分析をする
  • ■ 360度診断から自身の課題を整理する
  • ■ 360度診断をグループで共有し、各人の課題の解決策をどうとるか考える
今後の自身のキャリアを考える
ここまでの演習内容を元に10年後の自身のキャリア目標を描き、そこに至るまでの自身の課題と解決策を考え自身のやるべきことを宣言します。
  • □ キャリア開発計画書作成の手順
  • ■ キャリア開発計画書を作成し、各人が自身のキャリア目標を宣言する
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ