TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > プレゼンテーションスキル向上トレーニング(中級編)

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

プレゼンテーションスキル向上トレーニング(中級編)

  • 主な受講対象者(標準人数)

    中堅社員~管理職者(16~20人)

  • 実施時間

    8.0時間

研修目的

環境が複雑化するなかで組織として成果を出し続けるために、複数の人を巻き込んだビジネス展開が主流となり、意思統一が必要とされる場面が増加しています。営業であれば対顧客、スタッフであれば商品企画、業務改善のときに対社内関係者へ、プレゼンテーションする際、いかに効果的なプレゼンテーションができるかが鍵になります。この研修では、相手に対しわかりやすく効果的なプレゼンテーションを行えるようになることで、業務をより円滑に効果的に達成できるようになることを目指します。

研修概要

プレゼンテーションとは何かを理解し、自身のプレゼンの課題を確認した上でポイントを押さえて実践します。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

プレゼンテーションの目的を理解し、現状の課題を確認する
プレゼンテーションとはそもそもどのようなもので、どのような場面で活用できるか、また現状のプレゼンに対する課題は何かを議論しながら明らかにします。
  • □ プレゼンテーションの定義
  • ■ プレゼンスキルの活用場面を考える
  • ■ 「良いミーティングとは何か」検討する
  • ■ 現状のプレゼンテーションの課題を確認する
プレゼンテーションに必要なスキルを確認する
前章で考えた自身のプレゼンの課題を踏まえ、プレゼンテーションに必要なことを演習を通じて理解します。
  • ■ プレゼンテーションのポイントを確認する (著名人のプレゼンビデオ鑑賞)
  • ■ 自身のプレゼンテーションの目的を問い直す
  • □ メッセージを構造化する
  • ■ わかりやすさを追求する(文章を図解する)
  • □ 説得力をつける
  • ■ 相手を知る
プレゼンテーションをスキルを実践する
プレゼンテーションする際の話し方のポイントを理解した上で、実際にプレゼンを行い振り返ることで今後自分が取り組んでいく課題を振り返ります。
  • ■ プレゼンを行う(VTR撮影)
  • □ 話し方のポイント

■ プレゼンを実施し、今後の自分の課題を確認する

ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ