TOP > サービス > 人材開発関連サービス > 教育メニュー > プロジェクトマネジメントスキル向上トレーニング

人材開発関連サービス - Service -
教育メニュー

プロジェクトマネジメントスキル向上トレーニング

  • 主な受講対象者(標準人数)

    中堅社員(20~25人)

  • 実施時間

    5.5時間

研修目的

それぞれのプロジェクトで確実に成果を出していくことは、組織の成果にとっても大きな影響を及ぼします。この研修では、1人1人のプロジェクトマネジャーが適切な計画のもと、不測の事態に対処しつつ確実に成果を出していく考え方と手法を、ケースをもとに実践的に習得。計画策定と状況対応が出来るプロジェクトマネジメントスキルを身に付けることを目的とします。

研修概要

プロジェクトマネジメントのポイントとともに、プロジェクトの計画、リスクマネジメントを実践的に学びます。

ねらい・内容(■:演習 □:講義)

プロジェクトマネジメントの全体像を理解する
プロジェクトマネジメントの全体像を理解し、重要な要素であるQCDの考え方を理解します。また、ケースをもとに、QCDのバランスを取る方法を習得します。
  • □ プロジェクトマネジメントとは
  • □ プロジェクトマネジメントの重要な3要素
  •  プロジェクトマネジメントにおいて重要なQCDの観点を理解する
  • □ プロジェクトマネジメントのテーマとリスク
  • □ プロジェクトマネジメントの全体像
  • ■ ケーススタディ
  •  ケースにおけるQCDの要素を検討する
  •  QCDのバランスを考慮してケースにおけるプロジェクトの必要人員数を検討する
計画策定の手法を理解する
プロジェクトマネジメントにおいて、適切な計画策定はプロジェクトの成果を左右する重要な要素です。計画を策定する際の手法と留意点を理解し、ケースをもとに実際に計画を作成します。
  • □ PERT法の概要と特徴
  • □ ネットワークの作成方法
  • ■ ケーススタディ
  •  ケースをもとに、ネットワークを作成する
  • □ クリティカル・パスとは
  • □ 山積み・山崩し法とは
  • ■ ケーススタディ
  •  ケースをもとに、山積み、山崩しを実施する
  • □ 計画のチェック
リスクマネジメントとその手法を理解する
プロジェクトマネジメントにおいて。未来のトラブルや問題への対処は重要な要素です。このようなリスクに対処する方法を理解し、ケースをもとに、その対策を作成します。
  • □ リスクマネジメントの概要
  • □ リスク評価と対案策定
  • ■ ケーススタディ
  •  ケースをもとに、リスクを評価し、対策を決定する
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ