人事制度設計サービス - Service -
人事制度設計

サービスの詳細内容

1.キャリアパス(資格等級/役職)制度

人事制度の設計においては、まずキャリアパス(資格等級/役職)制度を定義します。キャリアパス(資格等級/役職)制度においては、経営目標を達成 するために各職種・役職・等級に求められる職務を洗い出し、職務要件を明確にした上で、各職種・役職・等級定義を行い、人材像、キャリアパス(キャリアゴールまでの道筋)、昇降格、役職任用要件、ローテーションの在り方等を明確に定義します。

2.賃金制度

賃金制度は、比較対象となるベンチマークの年収を選定し、労働市場を勘案した競争力ある賃金水準を設定します。ベンチマークの年収を勘案し、各職種・役職・等級の職責に基づき年収範囲を決定し、範囲内において自社に適した賃金項目を設定します。人件費総額を不必要に上昇させることを避ける一方、優秀な人材(ハイパフォーマー)に対し、人材の流動化が進む中で競争力のある処遇を提示する必要から、パフォーマンスに応じたメリハリのある賃金制度の実現を目指します。

3.評価制度

評価制度設計の重要なポイントは、各社員の評価項目を経営戦略や事業計画の達成との連動性を高いものにすることです。
評価項目として各社員に求められる能力・スキルの向上が、会社業績にダイレクトに反映することで、企業全体のパフォーマンスはより高まるはずです。
また、短期的に評価すべき目標管理上の成果と、中長期的に成長を期待する能力・スキルの両者を整理し、昇(降)格・昇(降)給・賞与などの処遇に合理的に反映させることが、各社員の制度に対する納得性を高めます。
人事評価は、処遇決定のプロセスであると同時に、各社員に育成・成長の機会を提供する場でもあります。評価プロセスを通じて、明確な改善テーマや課題を評価者と被評価者が共有し、成長を促す仕組みを構築する必要があります。
また、同時に、教育体系や研修プランなど人材の育成計画についても合わせて、検討を行います。

4.移行支援

設計された新しい人事制度を確実に移行させるための準備を計画的に行います。
各社員の格付け・給与の移行シミュレーションの実施、詳細な移行ルールの決定、社員への説明会、諸規定の改定等、制度移行のための様々な業務を網羅的に計画的に実施し、旧制度から新制度へとスムーズな移行を実現します。

合理的・構造的に設計を行う確立されたコンサルティング手法

トランストラクチャでは、数多くのコンサルティング経験で得られたノウハウをもとに確立された様々な分析手法、ツールを用い、人事制度設計・移行支援を合理的かつ効率的に行っています。以下にその例をご紹介します。

概要設計(組織・人事分析)
1.データ分析ツール

人事アナリシスレポート®。定量分析により人事の課題を多様な視点で分析します。

2.問題課題の整理、施策展開ツール

データ分析結果、インタビュー結果を構造的に整理し、問題課題を抽出します。また、抽出された問題課題に対して優先順位付けを行い、施策展開を行います。

問題課題の整理、施策展開ツール
詳細設計(賃金制度設計)
給与レンジテーブル設計ツール

比較対象となるベンチマークの年収、賞与の支給月数等自社の賃金を決定する要素を勘案し、外部労働市場と比べ競争力ある賃金水準を設定し、各職種・役職・等級の職責に基づく年収・月収範囲を効率的に設定します。

給与レンジテーブル設計ツール
移行支援(賃金制度移行)
給与移行シミュレーションツール

現行制度と新制度における個人別の年収額の増減および人件費総額の差異を計算します。

給与移行シミュレーションツール
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ