人事制度設計サービス - Service -
人事制度設計

設計における5つの視点

トランストラクチャでは、現在の企業を取り巻く経営環境を踏まえて、以下の5つの視点を重視した人事制度設計・移行コンサルティングを行っています。

1.企業運営に必要な人員数と適正な人件費の実現

企業の経営戦略を実現するために各事業部、各部門、各業務の個別目標・計画が立てられると、その達成に必要な人員数が自ずと算定されるものと考えられます。当社では、クライアント企業の経営戦略、組織構成に沿って、合理的に導き出される戦略実現に必要となる機能別、レベル別の人材要件とその人員数を算定し、それに合致した制度設計を行います。
また、属人的な給与配分の削減と職務・役割に応じた賃金制度を構築することで、適正な人件費の実現を図ります。

2.複線型の人材管理

企業が戦略を遂行するためには、異なる機能を担う職種や異なる労働市場に属する人材グループが必要になることが一般的です。トランストラクチャでは、異なるタイプの人材を抱える組織が、そのパフォーマンスを最大化するためには、それぞれの人材グループごとに複線型キャリアパス制度の導入の検討を行うことが必要と考えます。

3.業績変動に対応する人件費の伸縮

経営環境が大きく変化し、企業業績の変動が少なくない状況の中で、人件費総額が、業績と連動する仕組みを人事制度上で実現することを目指しています。

4.労働の流動化促進による人材リスクの回避

人材流動化が進む中、優秀な社員(ハイパフォーマー)の外部流出リスクを抑えることは、制度設計上の重要なテーマのひとつと考えます。
一方で、人材流出リスクの低下を目指すあまり、むやみに給与水準を上げて、企業業績とバランスのとれない人件費水準となれば、経営を圧迫することになります。労働市場の給与レベルを見据えて、適正な給与水準を設定することを賃金制度設計上の指針としています。

5.キャリアマネジメント

各社員の業績や能力を適正に評価し、処遇するための納得性の高い評価制度の導入は、社員のモチベーションや生産性向上に結び付くものと考えます。
また、各社員に対応したキャリアパスを提示し、期待される能力向上に向けた指導・教育の視点を考慮した評価制度の設計を目指します。あわせて、社内コア人材の育成施策と未活躍人材に対する再教育や円滑な社外転出(代謝)施策も検討します。

ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ