TOP > サービス > 雇用施策関連サービス > 雇用調整施策・支援

雇用施策関連サービス - Service -
雇用調整施策・支援

経営環境の変化に合わせて、戦略から事業の見直し、組織改編や財務体質の見直し、M&Aなど複合的な要素から短期的に雇用調整施策を実施しなければならない企業も少なくありません。
しかし、短期的な収益改善のみを急ぐあまり、企業再生の活力を削ぐような雇用施策を行うのは後に大きな問題を残すことになり、雇用施策実施後の成長性の低下を招くことにつながります。

トランストラクチャは、クライアント企業を取り巻く経営環境やクライアント企業独自のビジネスモデルを十分に理解した上で、より効果的な雇用調整施策の選定とその準備、実行までを支援いたします。 また、新たな経営目標・計画に基づく新組織機構の設計、必要な人材の定義、経営計画達成のための組織・人事制度の確立についてコンサルティングを行います。

急激な経営環境の変化に対応した組織体制の適正化を速やかに実行するには、今後の経営方針に合わせて、人員削減による構造上の課題の解決と、人事制度の見直しによる人件費の抑制を実現しなければなりません。

サービスの特徴

1. 経営方針の明確化

人員削減を伴う雇用調整施策の実施は、あくまでも目指すべき事業計画を実現するための一手段です。 特に希望退職実施については、将来の組織体制づくり、人事基盤整備のための短期施策であるため、実施後の新たな経営方針(経営ビジョン、事業 展開の方向性、組織体制、期待する人材像等)を明確にした上での施策の企画・設計が不可欠となります。

2. 雇用調整の企画

余剰人員を多面的に把握し、人員削減を伴う雇用調整を行うべきかを判定します。損益観点から適正人件費配分に関する課題を抽出し、適正人員規模から余剰人員数とその内容を把握した上で、余剰人員数が全従業員数に対し一定割合を超えた場合、人員削減を伴う雇用調整措置を行う必要があります。人員削減を伴う短期的な雇用調整措置として、「希望退職」の施行が効果的です。

3. 余剰範囲の特定

余剰人員は様々な原因が重なって複合的に発生するケースがほとんどであり、事業構造上の問題とともに人事制度上の問題なども加味し、余剰の範囲を特定する必要があります。

余剰範囲の特定
4. 施策の検討

余剰人員の発生する要因や特徴を把握、余剰の範囲を特定した上で、人事制度上の見直しによる総額人件費の抑制効果も視野に入れ、人員削減を伴う雇用調整施策を検討します。

雇用調整施策の検討
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求
ページTOPへ