合理的・構造的アプローチで企業人事を進化させる
コンサルティングファーム

経営の意思決定に不可欠な“人事の見える化” 〜 人事の定量分析の手法と具体事例 〜

※通常開催会場とは異なります。お気をつけください。

日時
2017年6月8日(木)10:00〜12:00 受付9:30〜
会場
一般財団法人 日本航空協会航空会館
講師
坂下 幸紀

概要

〜経営者および管理・人事部門責任者様限定〜

昨今の急激な事業環境の変化において、正確かつ早急な意思決定をしなければならない局面が多くなってきています。経営上の意思決定は、正しい現状把握に基づくことが重要ですが、特に人事面の状況を客観的に把握している企業は必ずしも多くないのが実態です。とかく人事上の課題把握は“定性的”な人事情報を拠り所にして語られることが多く、“定量的”な把握がなされないまま、人事施策を実行するケースが見受けられます。

 今後の人事の計画検討に向けて、経営層が的確な判断をするためには、まず“人事の見える化”を行い、人事の状況を正確に把握することが重要です。人件費、人員構造、人件費水準、人事制度の運用状況等の“定量的”な情報を、客観的かつ包括的に分析・把握しておくことにより、的確な人事施策を実施することができます。

 当セミナーでは、当社が今までに蓄積した人事の定量分析のノウハウをもとに、経営の意思決定を行う上で不可欠な人事の定量分析・客観的診断の内容と経営判断への活かし方について、具体的な事例を交えて解説いたします。

お申し込み受付は終了しました。

お申し込みはコチラ
受付締切
6月7日(水)17:00

ご参加いただきたい企業

  • 経営計画立案のための人事の分析を行う予定の企業
  • 現在の人事の問題課題を把握したい企業
  • 定期的な人事の現状分析の実施を検討している企業
  • 子会社関係会社の人事の状況を把握したい企業
  • デューデリジェンスとして利用したい企業
  • リストラ等大規模な雇用施策を実施する予定の企業
  • 人事制度の導入を検討している企業 等

講師プロフィール

 
坂下 幸紀 (さかした ゆきのり)

コンサルティング部門 ディレクター
不動産会社等において、情報システムの開発、IT統制管理や内部統制のプロジェクト管理業務を行う。その後、当社に入社。コンサルティング部門のディレクターとして、人事制度設計、雇用調整、グループ会社の人事戦略策定等のプロジェクトのほか、プロダクト開発、社内教育に従事。

コンサルティング部門 ディレクター
不動産会社等において、情報システムの開発、IT統制管理や内部統制のプロジェクト管理業務を行う。その後、当社に入社。コンサルティング部門のディレクターとして、人事制度設計、雇用調整、グループ会社の人事戦略策定等のプロジェクトのほか、プロダクト開発、社内教育に従事。

プログラム

定量分析の重要性

定量分析が経営上の意思決定に与えるインパクト

定量分析のオーバービュー(分析の概要と種類)

代表的な定量分析手法とその活用

分析事例

お申し込み受付は終了しました。

お申し込みはコチラ
受付締切
6月7日(水)17:00

セミナー概要

講座名
経営の意思決定に不可欠な“人事の見える化”
日時
2017年6月8日(木)10:00〜12:00 受付9:30〜
講師
坂下 幸紀
会場
一般財団法人 日本航空協会航空会館 地図を見る
●所在地
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1航空会館
TEL: 03-3501-1272 FAX: 03-3503-1375

●交通のご案内
JR新橋駅 日比谷口 徒歩5分
地下鉄 東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅 ⑦出口 徒歩5分
地下鉄 都営三田線 内幸町駅 A2出口 徒歩30秒
参加費
無料 事前申込登録制
※人数に限りがございます。お申し込みは、お早めにお願い致します。

お申し込み受付は終了しました。

お申し込みはコチラ
受付締切
6月7日(水)17:00

topics