TOP > 講座一覧 > 人事分析手法ノートVol.2

講座 - Lecture -

人事分析手法ノートVol.2

VOL.2では、VOL.1に続き代表的な定量分析手法をご紹介します。人件費や人事制度の現在将来の運用の妥当性を検証するもののなかから7つの分析を解説いたします。
第7回
第7回 「将来シミュレーション」
 第7回のテーマは、将来シミュレーションについてです。将来シミュレーションは、適切な人事施策を講じる上で、現状の問題だけでなく将来の問題解決に有効な施策を講じるために実施します。現時点では問題ではないことが将来的には大きな問題として認識される場合があり、中長期的視点で適切な人事施策を講じることに有効です。
第6回
第6回 「昇格運用妥当性」
 第6回のテーマは、昇格運用妥当性についてです。
昇格運用妥当性は、人事制度上で定めている昇格スピードに照らして実際の昇格スピードは制度上の昇格スピードと合致しているかどうかを分析することで、人事制度に則った昇格運用が行われているかどうか、もしくは昇格実態に合った昇格スピードを人事制度上で適正に定められているかどうかを診断する非常に重要な分析です。
第5回
第5回 「HPLP分析」
 第5回のテーマは、HP(ハイパフォーマー)、LP(ローパフォーマー)についてです。この分析は、社員のパフォーマンスの高低を過去の評価を用いて分析します。
 この分析は、社員のパフォーマンスの高低を明確にすると同時に、社員のパフォーマンスに応じた人事・雇用施策を検討する上で重要な判断材料となる分析です。
第4回
第4回 「等級別給与分配範囲」
第4回のテーマは、等級別給与分配範囲についてです。
人材レベルで等級が定義され、等級に給与が連動したものであるならば、等級間で月給が重複しないほうが望ましいといえます。
等級間の給与重複は、昇格や仕事そのものへのモチベーションに影響を与える可能性があります。
本分析は、等級ごとの給与(月給)が異なる等級間で重複していないか(等級間に適切な階差があるのか)を検証する分析です。
第3回
第3回 「社員の流動性」
第3回のテーマは、社員の流動性についてです。給与という観点から、社員の労働市
場への流動性がどの程度であるかを見る分析です。
社員一人ひとりに対して、現在もらっている給与と労働市場に出たらもらえるであろ
う給与の比較を行います。
流動性が高い場合、給与という観点での対策の必要性を検討します。
第2回
第2回 「賞与の業績連動性」
 第2回のテーマは、賞与の業績連動性についてです。業績が良い期には賞与を多く支払い、逆に業績が悪い期には賞与を少なくすることで人件費の業績連動性を図ることが望ましいといえます。この分析は賞与額が企業の利益額に応じてコントロールされているかを簡単に分析する手法です。自社の賞与に対するポリシーがはっきりとわかる分析です。
第1回
第1回 「労働分配率について」
 第1回のテーマは、労働分配率についてです。労働分配率は、人件費を付加価値で除したもので算出でき、人件費の高低を分析する際に使用します。労働分配率はビジネスモデルや業績によって変動しますが、ある程度の範囲内であることが望ましい状態といえます。現在では労働分配率という視点で人件費を管理している企業は少ないですが、人件費を分析する指標として代表的な指標の一つと言えるでしょう。労働分配率について解説する上では、付加価値の考え方が重要となりますので、まずは、付加価値について解説し、その後労働分配率について解説します。
ご相談・お問い合わせはこちら お電話:03-5213-3931 資料請求・お問い合わせ
ページTOPへ